« ダスビ練習(12/10) | Main | 今日の通勤CD(バッハ・マタイ受難曲) »

December 11, 2005

BCJのロ短調

バッハ・コレギウム・ジャパンのロ短調を聴きに行く。生のロ短調を聴くのは約9年ぶり(前回は1997/1/30東京芸術劇場でペーター・シュライアー/ドレスデン聖十字架合唱団)。

バッハ・コレギウム・ジャパン J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調
2005年12月11日(日)15:00
東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
鈴木雅明(指揮)
野々下由香里(ソプラノI)
藤崎美苗(ソプラノII)
インゲボルク・ダンツ(アルト)
ゲルト・テュルク(テノール)
ペーター・コーイ(バス)
バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱&管弦楽)

前半,キリエはゆったりしたテンポで開始。響きの充実を意図したものだと思うが,予想より遅めだったのでちょっと意外だった。グロリアやクム・サンクト・スピリトゥなどは,逆に速いくらいのテンポ設定。このテンポでナチュラル・トランペットをあれだけ吹くのは相当大変なのではないかと思った。心の高揚が「神の栄光」を讃える音楽を実現している証拠だろう。
後半,ロ短調の核心(と私は思っている)クレドは,バッハ特有のゾクゾクするような響きや,ダイナミクスやテンポの対比など,この深い音楽の意味を実現する音づくりがされていると感じた。サンクトゥスやオサンナの輝かしい合唱とベネディクトゥスの静謐な雰囲気の対照も素晴らしい。アニュス・デイからドナ・ノビス・パチェムへのつなぎは,音が消えていったところから低音が立ち上がってくる雰囲気が素晴らしい。ただ,演奏はよかったのだが,ここで会場がざわついたのが残念だった。曲を知らない人が多いのだろうか。(ここへの思い入れは単なる私の思い込みで,そんなに気合いを入れて集中する場面ではないのか?)。

ソリストはさすがに安定した歌唱。アルトは声の重さとヴィブラートのかけ方が若干他と異なるように感じられたが,違和感があるというほどではなかった。合唱も考え尽くされた人数により,効果的な響きだったと思う。
器楽も統一された音づくりで声と一体化し,古い形式による音楽であることを十分認識させるものだった。また,クォニアムでのコルノ・ダ・カッチャは見事だった。弱音での繊細さは感動もの。トランペットとティンパニは古楽器なので,やはり弦とうまくブレンドする。この響きが本来意図されたものだということだろう。モダン楽器による演奏ではこの音色の実現はまず不可能だろうから,響きのイメージを理解した上で古楽器的なアプローチの意味をどこに見出すかということが重要だと思う。

終了後は塔でCDをチェックしてから,久しぶりにkaorina。と二人で軽く飲み食いして帰る。たまにはこういうのもいいもんです。

|

« ダスビ練習(12/10) | Main | 今日の通勤CD(バッハ・マタイ受難曲) »

Comments

I used to be suggested this web site by my cousin. I am no longer certain whether this submit is written through him as no one else realize such certain approximately my problem. You are wonderful! Thank you!

Posted by: best dating sites | November 19, 2014 at 20:05

Hey! This is my first comment here so I just wanted to give a quick shout out and say I genuinely enjoy reading your blog posts. Can you recommend any other blogs/websites/forums that go over the same subjects? Many thanks!

Posted by: best dating sites | December 18, 2014 at 08:14

Touche. Sound arguments. Keep up the amazing work.

Posted by: fotos de modelos chicas | February 06, 2015 at 10:12

Generally I don't read article on blogs, but I would like to say that this write-up very compelled me to check out and do it! Your writing taste has been amazed me. Thanks, quite nice article.

Posted by: payday loans no credit check | February 11, 2015 at 03:20

I pay a visit everyday some blogs and websites to read content, except this web site provides quality based posts.

Posted by: Bangalore Escorts Service | May 02, 2015 at 06:53

Great web site you have got here.. It's hard to find high quality writing like yours nowadays. I truly appreciate individuals like you! Take care!!

Posted by: Bangalore Escorts Service | May 04, 2015 at 19:16

No matter if some one searches for his vital thing, therefore he/she desires to be available that in detail, so that thing is maintained over here.

Posted by: quest Bars | May 06, 2015 at 14:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39177/7589784

Listed below are links to weblogs that reference BCJのロ短調:

» 日曜日の出来事。(BCJのロ短調) [kaorina。の鬱ルン♪です!]
BCJのロ短調を聴きにオペラシティに行く。 J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調 鈴木雅明(指揮) 野々下由香里(ソプラノI) 藤崎美苗(ソプラノII) インゲボルク・ダンツ(アルト) ゲルト・テュルク(テノール) ペーター・コーイ(バス) バッハ・コレギウム・ジャパン(合唱&管弦楽) ロ短調を生で聴くのは初めてなので、すごく楽しみだった。 「Kyrie」の最初の響きにとても感動。 テンポはゆったり目で、落ち着いた雰囲気。 「Gloria」の「Quoniam tu sol... [Read More]

Tracked on December 13, 2005 at 01:36

« ダスビ練習(12/10) | Main | 今日の通勤CD(バッハ・マタイ受難曲) »