« 今日のCD(1/31) | Main | 弥生練習(1/30) »

February 01, 2005

今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・ピアノ三重奏曲1,2ほか)

ショスタコーヴィチ・ピアノ三重奏曲1,2番,トゥリーナ・ピアノ三重奏曲1番/トリプレット(Victor PRCD-5062)
050201001.jpg
このCDはショスタコーヴィチの1番のトリオが欲しかったため,以前中古屋で適当に買ったもの。当時はトリオ1番の録音はあまりなかったようだが,最近はかなりの録音が存在しているから,今だったら買わないかもしれない。トリオの2番ははライヴ録音。1番のほうはなかなかいい感じで,美しいメロディーを美しく奏でている,安心して曲を楽しめる演奏だ。2番のほうは調子が悪かったのか(単にライヴだからか),ヴァイオリンがかなり危なっかしい演奏を繰り広げている。解釈も所々「?」と思うところがあって,あまり好きな演奏ではない。失礼ながら「なんか下手な演奏だなぁ。」と思ったのだが,有名な工藤さんのページの「探しています」コーナーに載っているので,きっと貴重なCDに違いないと思って大事にとってあるのだ。ちなみに工藤さんはダスビの練習に顔を出したことがあるので会ったことはあるのだが,私は「その他大勢」だったので工藤さんのほうはまず覚えていないことだろう。
トゥリーナの曲は普段聴かないのだが,今日は聴いてみた。ところどころラヴェルのカルテットみたいな響きがあったりしてなかなか魅力的な曲に思えたが,私にはちょっと似合わない曲だ。今後もそう聴くことはないのではないかと思う。

トリプレットというのは「三連符」という意味あいでつけたのだと思うが,解説によると「3人乗り自転車」とかそういう意味もあるらしい。私としては学生の時分に何かの講義で聞いた「(電子スピンの)三重項」という意味が真っ先に浮かんだのだが,中身も忘れてしまったので検索してみた。そうしたら,「ボース=アインシュタイン凝縮による超伝導」とか私の苦手な物理化学系の難しい説明が出てきたので,「まあそういうことか。」という程度でやめておいた。グーグルではこのCDの「トリプレット」は2件しかひっかからなかったので,現在はどういうことになっているのだろう,と別の疑問がわいてしまった。

|

« 今日のCD(1/31) | Main | 弥生練習(1/30) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39177/2768367

Listed below are links to weblogs that reference 今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・ピアノ三重奏曲1,2ほか):

« 今日のCD(1/31) | Main | 弥生練習(1/30) »