« 今日の通勤CD(バッハ・BWV21ほか) | Main | 今日の通勤CD(ハイドン・Sym.103ほか) »

August 26, 2004

少子化

今年上半期の出生の届け出が前年同期よりさらに減ったというニュースがあった。少子化だというので,保育所と幼稚園の一元化だとかいろいろやろうとしているようだが,実際最大の問題は育児費用なのではないか。
一例として,私の居住地では保育料は前年の所得税に応じて決められているので,年収が多ければ保育料は高くなる。おそらくたいていのところではそうなっているだろう。
確かに収入が少ない場合,保育料を免除するのは仕方ないと思う。保育料を払って生活費がなくなったらどうにもならないわけだし。
では,それなりに収入がある場合はどうか。我が家は私の収入のみで支えられており,私の収入は給与所得者の平均的なものより著しく多いわけではない。保育料を払っても生活費が残るのは確かだが,保育料はかなり高く,生活費を圧迫しているのもまた事実だ。
我が家ではそれに加えてkaorina。の医療費がかなりかかっているが,医療費控除を受けたからといって所得税による区分が何段階も変わることはない。結局医療費の分はみてもらってないのと同じだ。
また,住居費,光熱費,食費や趣味にかかる費用は当然保育料の決定には関係しない。いいところに住まなくたって,多少不便だって,粗食だって,趣味なんかやらなくたって,そんなものは我慢すれば生きていけるでしょ,というのがおそらく社会の常識だからだ。
だが,誰だって充実した生活を送りたいし,人生を充実させるためには趣味も必要だと思う。生涯学習だとかいうのは,無趣味な人に趣味を持たせて人生を充実させるためにやってる施策だと思うが,一方ではこうして人生の充実を推奨しておいて,一方では人生の充実を我慢せざるを得ない施策が行われている。
保育料を何人分も払ってもまだ金に余裕のあるほど収入のある人はほとんどいないと思う。それに,充実した生活を捨ててまで子供を育てようという人は少ないと思う。そうなれば,子供は持たない,あるいは持っても1人とかせいぜい2人という人が増えても当然ではないかと思う。
そんなわけで,保育所と幼稚園を一元化したところで,保育料のシステムが今と同じだったら絵に描いた餅ではないかと思うので,保育料をもっと下げたり,全て自治体が負担できるような制度を作るとかが必要ではないだろうか。公共工事が景気浮揚策として絶対的であるという神話が崩壊したのだから,そのへんの予算を振り向けるとか,工夫できないものだろうか。
費用面以外にも少子化要因はあるわけだが,私の実感では,育児費用の問題は大きいと思う。

|

« 今日の通勤CD(バッハ・BWV21ほか) | Main | 今日の通勤CD(ハイドン・Sym.103ほか) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39177/1282444

Listed below are links to weblogs that reference 少子化:

« 今日の通勤CD(バッハ・BWV21ほか) | Main | 今日の通勤CD(ハイドン・Sym.103ほか) »