« 今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・SQ.7,8,9) | Main | 仕様? »

June 30, 2004

今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・Sym.13)

ショスタコーヴィチ・交響曲13番/ペトコフ(Bass)/プレヴィン/ロンドン響合唱団(男声)/ロンドン響(EMI 5 73368 2)
040630001.jpg
2枚組のうちの1枚(もう1枚は10番)。
私の最も好きな曲の一つ。この盤の演奏は荒々しさはないが,力のあるところがいい。全曲の最後にチェレスタが鳴るあたりは感動する。
終楽章は「出世」というサブタイトルが付いていて,真の出世とは何かということが歌われるのだが,真実が必ずしも正しいという評価を得られるものではないという点が私の思考と一致する。この曲を聴いたこともあって,考えを確かにした(内容は私のサイト内「ひげぺんぎんの右脳と左脳」のうち"「正しい」ことが「真実」か"。)
人間とは?人生とは?自分自身とは?と,考えさせられるこんな曲を書いたショスタコーヴィチはやっぱり偉大だ。

|

« 今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・SQ.7,8,9) | Main | 仕様? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39177/872388

Listed below are links to weblogs that reference 今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・Sym.13):

« 今日の通勤CD(ショスタコーヴィチ・SQ.7,8,9) | Main | 仕様? »